愛するペット!手術時の麻酔関連遭遇率をまとめてみました。

スポンサーリンク
フェレット life ココ

フェレットの病気。


腫瘍性疾患の発生が高く主な疾患はインスリノーマー、リンパ腫瘍、副腎疾患、などがある
動きが激しいため麻酔利用して不動化させることが多いです。

また鎮痛作用もあるので麻酔はあってはならない存在です!!

外科手術で実施することが多く注意深い麻酔管理や積極的な鎮痛管理が要求されます。

その他に現在の獣医師、不足の関係でエキゾチックアニマルの手術も出来る獣医師が現在減っています!

腕のいい獣医師が居る所なら良いがなかなか見つけるのは難しいのも事実です。

麻酔関連遭遇死亡率とは

理由の如何に関係なく麻酔中または麻酔終了後の死亡例のことです。

犬猫の麻酔関連偶発死亡率は0.1~0.3%

二次診察施設での死亡率は犬が0.17%犬猫で0.43%!
エキゾチックアニマルではウサギが1.39%!
しかしフェレットの麻酔、鎮痛報告はほとんどない

体の小さい動物につれて麻酔のリスクが高くなることがわかります。

111頭のフェレットでの調査

麻酔レベルが1から5段階あり4段階ではほぼ120時間以内に死亡することが分かっている

麻酔レベルが3だとリスクがかなり上がることがわかる

ASAとは簡単に言うと麻酔の強さ。レベルの事です。

ちなみにASA3以上で≧4歳の場合、麻酔危険度が最も高くなることが考えられる!

もしもフェレットが病気になって手術が必要な時はしっかり獣医と相談してから決めた方が良いです。

麻酔関連偶発死亡率とは「理由の如何に関係なく麻酔中または麻酔終了後の死亡例

まとめ

上の資料を参考にしました。

24時間以内の死亡率は2.7%「ASA3・2頭、ASA4・1頭でありその死亡例は4歳以上
ASA3以上の麻酔が最も危険度が高くなることがわかります

施術するのにうん十万というお金が吹く飛びます

そのために貯金をしている飼い主沢山いるのは多いいと思いますが、アニマル保険に入るのが良いでしょう!

コメント